スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常連のお客様

千早の誕生日に何もできないのは嫌なのでSSだけでも







「こちら、今日はお一つでよろしいですか?」

「うん、一つ……はいこれ丁度」

「はい、丁度お預かりです。
 ありがとうございました、またお越しくださいませー」

店内を見渡してお客様は……どうもすぐレジにやってきそうなお客様はいないみたいだ。
1リットルの紙パックの飲み物が売れたので品物を並びなおさないと……

「先輩」

「ん?」

「お客のよく買う煙草とか覚えてるんですか?」

「あー……タバコ以外でもだけど、ある程度同じものを買ってくお客様は覚えてるかなあ」

「そうなんですか?」

「うん、今帰った方は同じタバコをいつも1つだけ買ってくし
 今アイスを見てる人は必ずペットボトルのお茶を2種類、必ず1つずつは買ってく」

「はー、それじゃああそこのロングの青い髪の子とかはわかります?」

「んー……あの子はカロ○ーメイトとかのブロックを1つとパックの牛乳にペットボトルでお茶か紅茶だったなあ」

「へー・・・あれ、だったですか?」

「うん、最近はブロックとかが無くなってパックの果物系のジュースにペットボトルのお茶か紅茶……ストローが2つ」

「よく覚えられますねー……








「千早ちゃん」

「な、何かしら春香?」

「ちょっと前に美希が事務所でプロデューサーさんと一緒にトロピカルジュース飲みたいとか話してたよね。」

「そ、そうだったかしら?」

(じとー)

(汗)





「ありがとうございました、またお越しくださいませー」



「ところで千早ちゃん」

「なあに、春香?」

「今日はストローはよかったの?」

「な、何を言ってるのよ!」

「えー、だってぷろでゅぐへっ」

「は~る~か~」

「ま、まって千早ちゃん、話せば、話せばわかるから」

「そうね……でも兵は拙速を尊ぶって諺もあるのよ?」

「な、違う、これ戦争じゃない・・・って千早ちゃんうしろ、うしろ」

「後ろがな…に……よ………」

「二人ともお店の前で騒がない、ほらいくぞー」

「あ……う……」

「あ、プロデューサーさん、千早ちゃんっていつもコンビニでストローを2本貰ってるんですって」

「へー、でも2つなんて何に使うんだ?」

「南国のリゾートとかで同じジュースを2つのストローで飲むってあるじゃないですか」

「おー……あれか」

「あっ、は、はっ、はるか~~!」

「あれをプロデューサーさんとやりた、いたいたいたい」

「春香、あなたのことは忘れないわ……」

「待って……まっ」

「あなたのその口が「いいなあ」……へっ?」

「千早と同じジュースが飲めたら最高だろうなぁ……」

「あう……」











「あー、後外にいる男性は、青い髪の子ってか如月千早のグラビアとか特集がある雑誌があると必ず買っていくんだよね、ものすごい嬉しそうに」

「……あの子芸能人か何かですか?」

「となりのリボンの子も有名なアイドルだな、男性はプロデューサーらしい……というかお前さんちょっと芸能人知らなすぎるだろ」







千早と麗華さん

「あ、今度の私達のライブにゲストで出てもらうからよろしくね」

「……はいっ!?」

テレビ局での収録が終わり、楽屋で休んでいた私の所に
一緒に同じ番組の収録に参加していた東豪寺さんがやってきて
そう言ったのが30分程前のことでした。




「という訳で双方ともにメリットが見れると思うのだが……どうかね?」

「……確かにうちにもメリットはあるみたいね
 いいわ、千早と共演できるチャンスを逃すのは大きすぎるもの」


「ということがあったのよ」

「はあ」

話を聞いてみると、高槻さんの出演する子供向けイベントのスポンサーを東豪寺財閥で引き受けて貰う代わりに
私が魔王エンジェルのライブにゲストで出演するということらしい……

「それだとこちらに有利すぎないかしら?」

「そんなことは無いわ、スポンサーに関してもこちらにメリットはあっての事だし。」

「?」

東豪寺さんの説明によると、
子供向けイベントという物に関して、東豪寺プロは苦手意識があるらしい
そこでスポンサーとしてスタッフを派遣し経験を積ませるといった意味もあるという話だった

「まあ私が担当すれば早いんだけどね……」

確かに東豪寺さんが担当すればうまくいくのだろうが

「魔王エンジェルに関する事とプロダクションの運営で手一杯だから」


美希と響の会話

「なぁ、美希」

「……」

「いいのか?」

「……何が?」

「テレビ……如月千早のオーディションなんだろう?」

「……」

「おい、美希っ!」

「響、うるさいのっ!」

「なっ……」

「千早さんはこんな所で絶対に負けないの」

「なんで分かるのさっ!」

「……美希が、美希が落ち込んでるのに気づいた時、いつも千早さんは側にきてくれたの」

「……」

「今度も……千早さんはきっと来てくれるの……」

「あっ……」

「響、ごめんね」

「おいっ」

「レッスン行って来るの」



ちーちゃんがたのしく!

ニコニコ動画のプロフィールに、「ちーちゃんがたのしく!」という言葉を追加しました。

自分は他の人の動画を見て、すごいなーくらいしか言えないくらい国語力というものがありません。
まあそんな人間がノベマスを作ろうなんて考えてる以上、作れるもの……。

でも千早が大好きな気持ちは負けないでいたいと思っているのです。

ならちーちゃんがたのしくいられるような動画を作りたいなと、
じゃあちーちゃんがたのしくいられる為にはどうしたらいいんだろう?

そんなことを考え続けていけたらなあと…



とりあえず1001Pの1周年記念合作動画を完成させて、1001Pの皆とたのしくやってければちーちゃんも笑ってくれるかなーという決意をこめて。

遅く起きた朝は(仮)

「んっ」

目が覚めて、白天井が目に入ってくる

「……?」

いつもの起きる時間なら青に近い色なのだが……

何時なのだろう?

机の上にある時計を見る

「10時34分……」

……何かすごい微妙な時間だった

朝と言うには遅いが、昼というには早い時間

この時間だと支度を整えてトレーニングとして
ランニングするころには丁度お昼ごろになってしまう。

流石にAランクアイドルが、その時間にトレーニングすればどうなるのかは分かっている。

一度それで大変な目にあったのだから……

・・・

とりあえず顔を洗い、歯磨き、うがいだけすると
こたつのスイッチをいれ、中に入り
ぐーっと足を伸ばすと

「うにゅ」

……何か変な声がした

もう一度足を伸ばす

「ぐえっ」

誰の声かは分かったがその声はどうなのだろうか?

軽く頭を抱えて、

「はあっ……」

とため息をつくと

こたつの布団をまくり

中を覗き、すぐに布団を戻す

中から

「あれっ?」

とか声がするが無視してコタツの温度を上げる

すると

「熱っ!」

という声と共に中にいた人物が飛び出してきた。

「も~、酷いよう」

彼女はそういうとこたつの温度を元に戻し、
今度は普通にこたつに入りなおした。

「何をやってるのよ、まったく」

「んー、千早ちゃんを驚かそうと思って」


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。