スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早と麗華さん

「あ、今度の私達のライブにゲストで出てもらうからよろしくね」

「……はいっ!?」

テレビ局での収録が終わり、楽屋で休んでいた私の所に
一緒に同じ番組の収録に参加していた東豪寺さんがやってきて
そう言ったのが30分程前のことでした。




「という訳で双方ともにメリットが見れると思うのだが……どうかね?」

「……確かにうちにもメリットはあるみたいね
 いいわ、千早と共演できるチャンスを逃すのは大きすぎるもの」


「ということがあったのよ」

「はあ」

話を聞いてみると、高槻さんの出演する子供向けイベントのスポンサーを東豪寺財閥で引き受けて貰う代わりに
私が魔王エンジェルのライブにゲストで出演するということらしい……

「それだとこちらに有利すぎないかしら?」

「そんなことは無いわ、スポンサーに関してもこちらにメリットはあっての事だし。」

「?」

東豪寺さんの説明によると、
子供向けイベントという物に関して、東豪寺プロは苦手意識があるらしい
そこでスポンサーとしてスタッフを派遣し経験を積ませるといった意味もあるという話だった

「まあ私が担当すれば早いんだけどね……」

確かに東豪寺さんが担当すればうまくいくのだろうが

「魔王エンジェルに関する事とプロダクションの運営で手一杯だから」


スポンサーサイト

美希と響の会話

「なぁ、美希」

「……」

「いいのか?」

「……何が?」

「テレビ……如月千早のオーディションなんだろう?」

「……」

「おい、美希っ!」

「響、うるさいのっ!」

「なっ……」

「千早さんはこんな所で絶対に負けないの」

「なんで分かるのさっ!」

「……美希が、美希が落ち込んでるのに気づいた時、いつも千早さんは側にきてくれたの」

「……」

「今度も……千早さんはきっと来てくれるの……」

「あっ……」

「響、ごめんね」

「おいっ」

「レッスン行って来るの」



ちーちゃんがたのしく!

ニコニコ動画のプロフィールに、「ちーちゃんがたのしく!」という言葉を追加しました。

自分は他の人の動画を見て、すごいなーくらいしか言えないくらい国語力というものがありません。
まあそんな人間がノベマスを作ろうなんて考えてる以上、作れるもの……。

でも千早が大好きな気持ちは負けないでいたいと思っているのです。

ならちーちゃんがたのしくいられるような動画を作りたいなと、
じゃあちーちゃんがたのしくいられる為にはどうしたらいいんだろう?

そんなことを考え続けていけたらなあと…



とりあえず1001Pの1周年記念合作動画を完成させて、1001Pの皆とたのしくやってければちーちゃんも笑ってくれるかなーという決意をこめて。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。