スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて呼ぶ?

ピクシブにも投稿してるものです。



「と言うことがあったんです」
事務所に戻ってみると天海さんや菊地さん、荻原さんが騒いでいたので何があったのかというのを千早に聞いてみたのだが、
どうやら双海姉妹にどうしたら自分たちを○○お姉ちゃんと呼ばせる事ができるかということが問題になっていたらしい。

確かに二人がお姉ちゃんと呼ぶのは三浦さんと千早だけであり他のアイドルたちには愛称で呼んでいる。
そして三浦さんはともかく自分よりも年下の千早がなんでお姉ちゃんなのかということで、
原因を突き止めてお姉ちゃんと呼ばせようという事らしいのだが……

「もうそろそろ移動しなければレッスンに間に合わないのですが……」
今日は千早と天海さんにはレッスンの予定が入っていて確かに時間も押してきている……、だが
「春香に声をかけても聞いてもらえなくて……」
「うーん、参ったなあ……」
千早が天海さんに声をかけに行くが……
「何かこう、千早ちゃんみたいにクールなイメージとかが必要なんじゃないかな?」
と熱く3人で話し合っていて聞いて貰えない様だ。

「どうしましょうプロデューサー……」
どうしましょうと言われてもこうも話に夢中になられては……
「大きな音を出したりとかは?」
「今応接室で社長がお客様と話してますので」
「うーむ……」

千早が不安そうにこちらを見上げてきている
かわいい千早のために何か手を考えているのだが……

「あ、そうか」
「プロデューサー、何か思いつかれたのですね」
期待の眼差しをこちらに向けてくる千早に耳を貸すように言うと
思いついた内容を天海さんたちに聞かれないように注意して伝える

「……、プロデューサー……本当にこんなことで気づいてもらえるのでしょうか?」

不審そうに見つめる千早をなだめると
「とりあえずやってみて、ダメなら他の手段を考えよう」
と強引に実行に移してもらう
「はい……」

不安な表情を浮かべた千早は天海さんに近づくと、
照れながら声をかけた

「……春香…姉ちゃ…」

天海さんが雷を受けたかのように固まると千早の方をゆっくり振り向いてくる

「おー……」
言い出しておいてなんだが思った以上に効果があったようだ。

「は……春香お姉ちゃん、レッスンの時間だから、早く行きましょう?」

顔を真っ赤にして言いきった千早に対し、気を引くには威力が高すぎたのか天海さんは完全に固まってしまっている
そして固まった天海さんにもう一度千早が呼びかけようとしたところで

「「千早(ちゃん)!!!」」

あの後菊地さんや荻原さん、果ては秋月さんにまで捕まり千早は結局レッスン所では無く
「春香お姉ちゃん」や「真お姉ちゃん」、「雪歩お姉ちゃん」、「律子お姉ちゃん」
と何度も言わされる事になってしまった。



「もう、笑い事ではありませんプロデューサー」
怒った千早をなだめながら二人で帰り道を歩いて行く
怒ったせいか気持ち頬が膨らんで見えるため、いつもよりも千早がかわいく感じてしまうのはしょうがないと思う。

そして先ほどのことを思い出しながら
「なあ千早、俺の事はお兄ちゃんって言ってくれないのか?」

照れた表情でお姉ちゃんという千早がとてもかわいく見え、
自分にも呼んで欲しいと思いそう言ったのだが。

千早は少し目を細めた後いたずらを思いついた小悪魔なような笑みを見せると

「お兄ちゃん相手では結婚できませんから……私としてはプロデューサーの呼び方を変えるとすれば「あなた」以外にはありません」










後日談
音無さんが何故千早にお姉ちゃんと呼んでもらう事に参加しなかったのか聞いた所
「ふふふっ、千早ちゃんには以前に何回か呼んでもらってるんですよ」
と答えが返ってきた、そして
「千早ちゃんを泣かしたらプロデューサーさんが相手でもお姉ちゃんは容赦しませんからね」
としっかり釘を刺されてしまったのだった。
スポンサーサイト

伊織と律子の話~その1

復帰にもう少し時間がかかりそうなのでUSBに残ってたものを書き直して

ネカフェにいる数時間で書き直したので誤字脱字はお許しください

続きを読む

常連のお客様

千早の誕生日に何もできないのは嫌なのでSSだけでも







「こちら、今日はお一つでよろしいですか?」

「うん、一つ……はいこれ丁度」

「はい、丁度お預かりです。
 ありがとうございました、またお越しくださいませー」

店内を見渡してお客様は……どうもすぐレジにやってきそうなお客様はいないみたいだ。
1リットルの紙パックの飲み物が売れたので品物を並びなおさないと……

「先輩」

「ん?」

「お客のよく買う煙草とか覚えてるんですか?」

「あー……タバコ以外でもだけど、ある程度同じものを買ってくお客様は覚えてるかなあ」

「そうなんですか?」

「うん、今帰った方は同じタバコをいつも1つだけ買ってくし
 今アイスを見てる人は必ずペットボトルのお茶を2種類、必ず1つずつは買ってく」

「はー、それじゃああそこのロングの青い髪の子とかはわかります?」

「んー……あの子はカロ○ーメイトとかのブロックを1つとパックの牛乳にペットボトルでお茶か紅茶だったなあ」

「へー・・・あれ、だったですか?」

「うん、最近はブロックとかが無くなってパックの果物系のジュースにペットボトルのお茶か紅茶……ストローが2つ」

「よく覚えられますねー……








「千早ちゃん」

「な、何かしら春香?」

「ちょっと前に美希が事務所でプロデューサーさんと一緒にトロピカルジュース飲みたいとか話してたよね。」

「そ、そうだったかしら?」

(じとー)

(汗)





「ありがとうございました、またお越しくださいませー」



「ところで千早ちゃん」

「なあに、春香?」

「今日はストローはよかったの?」

「な、何を言ってるのよ!」

「えー、だってぷろでゅぐへっ」

「は~る~か~」

「ま、まって千早ちゃん、話せば、話せばわかるから」

「そうね……でも兵は拙速を尊ぶって諺もあるのよ?」

「な、違う、これ戦争じゃない・・・って千早ちゃんうしろ、うしろ」

「後ろがな…に……よ………」

「二人ともお店の前で騒がない、ほらいくぞー」

「あ……う……」

「あ、プロデューサーさん、千早ちゃんっていつもコンビニでストローを2本貰ってるんですって」

「へー、でも2つなんて何に使うんだ?」

「南国のリゾートとかで同じジュースを2つのストローで飲むってあるじゃないですか」

「おー……あれか」

「あっ、は、はっ、はるか~~!」

「あれをプロデューサーさんとやりた、いたいたいたい」

「春香、あなたのことは忘れないわ……」

「待って……まっ」

「あなたのその口が「いいなあ」……へっ?」

「千早と同じジュースが飲めたら最高だろうなぁ……」

「あう……」











「あー、後外にいる男性は、青い髪の子ってか如月千早のグラビアとか特集がある雑誌があると必ず買っていくんだよね、ものすごい嬉しそうに」

「……あの子芸能人か何かですか?」

「となりのリボンの子も有名なアイドルだな、男性はプロデューサーらしい……というかお前さんちょっと芸能人知らなすぎるだろ」







美希と響の会話

「なぁ、美希」

「……」

「いいのか?」

「……何が?」

「テレビ……如月千早のオーディションなんだろう?」

「……」

「おい、美希っ!」

「響、うるさいのっ!」

「なっ……」

「千早さんはこんな所で絶対に負けないの」

「なんで分かるのさっ!」

「……美希が、美希が落ち込んでるのに気づいた時、いつも千早さんは側にきてくれたの」

「……」

「今度も……千早さんはきっと来てくれるの……」

「あっ……」

「響、ごめんね」

「おいっ」

「レッスン行って来るの」



「ねえ、千早ちゃん」

「なあに、春香?」

「楽しかった?」

「ええ、とても」

「そっか」

「春香は?」

「楽しかったよ」

「そう、よかった」

「向こうでも一緒にライブとかできるといいね」

「それは……楽しそうね」

「何歌おっか……」

「乙女よ大志を抱けは一度歌ってみたいと思ってたの」

「じゃあ私は月下祭歌ってみたいな」

「どんなライブになるのかしらね……」

「きっと楽しいと思うな……」

「春香、先に」

「千早ちゃん」

「……先に行くけどゆっくりしてきて頂戴、私が私の歌に納得できるまでは来てはダメよ?」

「千早ちゃん」

「春香、
 ありがとう」








きっと二人の最後はこんな形なのかなあと思ってみたり
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。